診療のご案内

逆流性食道炎

Reflux esophagitis

これらの症状は酸逆流症状で、総称として胃食道逆流症(GERD)といいます。
そして、食道を内視鏡で見たとき、胃酸のために食道粘膜がただれ、炎症がある場合は「逆流性食道炎」と診断されます。

粘膜の炎症を伴わない非びらん性胃食道逆流症(NERD)というタイプもあります。

心当たりのある方は、次のシートでチェックしてみましょう。

メカニズムと原因

メカニズム

下部食道括約筋は、食道と胃のつなぎ目にあり、胃の内容物が逆流しないようにしています。
逆流性食道炎は、食道を逆流から守る仕組みが弱まるか、胃酸が増えすぎることで、胃液や胃の内容物が逆流し、食道の中にしばらくとどまることで起こります。

原因

生活習慣

  • 食べ過ぎ、早食い
  • 高脂肪食、アルコール、喫煙
  • 食べてすぐに寝っ転がる

お腹に負担のかかる姿勢や体型

  • 前かがみ姿勢
  • 肥満

診断

内視鏡検査を用いて、食道と胃の境界部分の粘膜傷害がどの程度まで進行しているかチェックします。

治療

治療の中心は胃酸分泌をしっかりと抑える薬を使用します。 症状がなくなってご自身で勝手に服用をやめてしまうと、ほとんどの人はすぐに再発してしまいます。
逆流性食道炎の治療では、医師の指示にしたがってきちんと薬を飲み続け、炎症を完全に治し、維持することが大切です。

内視鏡検査のご予約はこちら

予約なしでも可能です
(条件がありますので、お電話にてお問い合わせください)

内視鏡 WEB予約はこちら