診療のご案内

炎症性腸疾患内科

Inflammatory Bowel Disease

炎症性腸疾患とは

潰瘍性大腸炎、クローン病などの総称で、よくIBDと言われます。
近年増加傾向で、10代~20代の若年層に好発します。

IBDは、腸に慢性的に潰瘍(かいよう)などの炎症が生じ、下痢、血便、腹痛などの症状を示します。原因はまだ不明ですが、免疫機能の異常、遺伝、食物、腸内細菌などが関連しているのではないかと考えられています。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

田辺三菱製薬 情報サイトへリンクいたします。

当クリニックの
IBD診療の特徴

IBDの診療経験が豊富です

日本のIBDの先駆けである福島恒男先生(大腸肛門病センター松島病院)に薫陶を受けて以来、数多くのIBD患者さまの診療を受け持って参りました。最新の知見に精通したIBD専門医として、地域に貢献していきたいと思います。

難病指定医です

潰瘍性大腸炎、クローン病はいずれも国の難病指定疾患です。
役所へ提出する書類などは、難病指定医が作成することができます。

治療方針

基本的には、全国のIBD専門医の意見でまとめられた、最新の厚生労働省のガイドラインに則った、安全性と治療効果が確かめられた治療を行います。

入院が必要な場合の紹介先について

もし、病勢がコントロールできず入院治療が必要と判断した場合でも、しっかりとした連携のもと各高次医療機関のIBD専門医へ直接ご紹介することが可能です。

当クリニックの
IBD治療

お薬による治療

基本治療薬ののメサラジンから、免疫調整剤、CAP療法、生物学的製剤を用いた治療を行うことができます。
メサラジン不耐症に対しては、脱感作療法により高い治療効果が期待できます。

栄養指導

管理栄養士による、食事指導を行っています。お気軽に、ご相談ください。

内視鏡検査のご予約はこちら

予約なしでも可能です
(条件がありますので、お電話にてお問い合わせください)

内視鏡 WEB予約はこちら