院長ノート 院長ノート

高精度な内視鏡検査について(拡大機能)

がんの領域や深さを推定できる拡大内視鏡

通常の光(白色光)や特殊な光により見つけ出された病変を診断するには、最終的には組織診断が必要です。しかし、拡大内視鏡という機能を用いることで、悪性か良性かの鑑別が判別できる時代となっています。今や、内視鏡の専門医にとって咽喉・食道・胃・大腸、各臓器の観察に必要な技術であり、欠かせない機能です。

写真は早期食道がんの観察です。病変の微小な血管を詳細に観察することで、病変の境界を同定できたり、がんの深さ(深達度診断)を高い確率で予測できたりと、詳細な観察、高精度な診断を行うことができます。この結果、それぞれの病変にふさわしい治療方法を選択することができます。

当院の拡大機能観察はどうなの?

すべての胃内視鏡(経鼻を除く)および大腸内視鏡に拡大機能を有するスコープを用意していますので、この機能を利用した検査を受けることができます。生検やポリープ切除などの組織検査を行う前に詳細な観察を行うことで、推定診断に基づいた根治性の高い治療法を選択しています。当クリニックでは、高精度な内視鏡観察に求められる機器を備えており、機関病院レベルの詳細な診断と治療をご提供することできます。

内視鏡検査のご予約はこちら

予約なしでも可能です
(条件がありますので、お電話にてお問い合わせください)

内視鏡 WEB予約はこちら